エネ鉱省が再び規制緩和、投資2倍増目標

インドネシアのジョナン・エネルギー・鉱物資源相は12日、エネルギー関連規定22本を新たに撤廃すると発表した。今年は前年比で約2倍の投資誘致を目指す。 昨年のエネルギー分野の投資額は260億米ドル(約2兆8,300億円)。今年は500億米ドルへの拡大を狙う。 従来51本あった規定…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本以外の多くの国と同…(01/21)

大統領選第1回討論会で舌戦 ジョコウィ陣営冷静対応で優勢に(01/21)

マカッサル工業団地、1000ha規模の拡張へ(01/21)

ジャワ島横断高速、きょうから新料金体系(01/21)

Meiji、そう痒症改善剤のライセンス契約(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

米の特恵関税制度、当面は維持に=貿易相(01/21)

ゴジェック、比電子決済買収で同国進出か(01/21)

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン