水道公社、浄水場2カ所の建設計画

カンボジアのプノンペン水道公社(PPWSA)は10日、首都プノンペン郊外のクロイチェンバー地区と南部カンダル州タクマオに浄水場を新設することを明らかにした。高棉日報(電子版)が伝えた。

浄水場2カ所の上水処理能力は1日当たり36万6,000立方メートル。クロイチェンバーの浄水場は建設費が2億米ドル(約217億円)で、PPWSAが35%を負担する。着工は2019年半ばで、21年に一部供給を開始し、22年の完成を見込む。タクマオの浄水場は検討段階という。

浄水場の新設により、PPWSAの上水処理能力は全体で同100万立方メートルに達する見通し。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

銀行部門でアクレダ銀首位 17年総資産の2割、後続は追上げ(05/24)

首都空港の高架鉄道19年着工、日本側は否定(05/24)

経済成長政策の立案、首相が必要性を強調(05/24)

ネット通信、20年に都市部で完全普及(05/24)

農業技術TFP、開発物件に地域本部移転(05/24)

国籍法改正へ、法案を特別委が審議(05/24)

中国が移動式クリニック供与、まず20台(05/24)

スマートシティー構想に課題 基本計画なく、都市機能低下も(05/23)

小口金融HKL、タイ格付け機関がBBB+(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン