• 印刷する

水道公社、浄水場2カ所の建設計画

カンボジアのプノンペン水道公社(PPWSA)は10日、首都プノンペン郊外のクロイチェンバー地区と南部カンダル州タクマオに浄水場を新設することを明らかにした。高棉日報(電子版)が伝えた。

浄水場2カ所の上水処理能力は1日当たり36万6,000立方メートル。クロイチェンバーの浄水場は建設費が2億米ドル(約217億円)で、PPWSAが35%を負担する。着工は2019年半ばで、21年に一部供給を開始し、22年の完成を見込む。タクマオの浄水場は検討段階という。

浄水場の新設により、PPWSAの上水処理能力は全体で同100万立方メートルに達する見通し。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(17:01)

EU制裁検討は「心理戦」 フン・セン首相、強気の姿勢維持(10/22)

カンボジア人数百人がデモ、EU本部付近(10/22)

列国議会同盟、選挙結果に強い懸念(10/22)

メコン川のしゅんせつ再開へ、閣僚が問題視(10/22)

農水省、農家支援の価格情報サイトを開設(10/22)

カンボジアとタイ、共通ビザの導入再提案(10/22)

1~9月税収17%増、通年目標の約9割に(10/22)

児童就労問題に着手、英調査団の報告受け(10/22)

米保護主義けん制、ASEMが閉幕(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン