台船が造船事業の比率引き下げへ、董事長明言

造船台湾大手、台湾国際造船(台船)の鄭文隆董事長はこのほど、工商時報のインタビューに対し、主力である造船事業の売上高比率を将来的に引き下げていく考えを明らかにした。造船業界の競争が世界的により激しさを増す中、鄭董事長は採算ベースに見合った事業体とすることで赤字…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 製造一般運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海傘下の富智康、17年は5.25億米ドルの赤字(19:45)

テイクオフ:「ここは本当に美しいと…(02/21)

【台中特集】スマート機械の中心拠点へ 産業蓄積武器に、職住近接も整備(02/21)

HTC幹部の流出止まらず、張総経理が起業へ(02/21)

鴻海、インド工場投資「約束は実行」強調(02/21)

【アジア自動車データ集】二輪販売(305)(02/21)

3C量販店不振、再編の波も(02/21)

NTTデータ、台湾2行に訪日誘客サービス(02/21)

商業施設「Eスクエア」、基隆にオープン(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン