• 印刷する

キャセイ、マカオのフェリーと共同運航へ

香港の航空大手、キャセイパシフィック航空は12日、マカオのフェリー運航業者、コタイウオータージェット(金光飛航)と共同運航(コードシェア)協定を締結したと発表した。

今月26日から、金光飛航が運航している香港国際空港(チェクラプコク空港)とマカオ・タイパ島のフェリー埠頭(ふとう)「タイパ・フェリーターミナル」を結ぶ航路で、キャセイの「CX」コードをつけて運航する。フェリーは1日6便から選べる。預けた荷物はマカオで受け取ることが可能だ。

現段階では、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、米国からキャセイ航空のフライトを利用する場合に、香港経由マカオ行きを予約できる。今後数カ月にわたって他地域からの旅行者も予約できるようにしていく。

香港政府運輸・住宅局は今月1日、中国民用航空局(民航局)と、陸海空の輸送コードシェアに関する覚書(MOU)を締結。指定を受けた香港と中国本土の航空会社は、陸運会社や海運会社と組んで香港―本土間の輸送サービスを提供できるようになる。


関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:平日の午後、ランタオ島…(11/14)

結婚関連支出が2年連続上昇 500万円超え、過去最高額に(11/14)

新鴻基系モール、4Qは35%増収へ(11/14)

中国カセン、SEZ内で物件開発(11/14)

ネット通販のゴシップ、増資を獲得(11/14)

習主席が香港訪問団と会談、4つの要望(11/14)

大湾区参画で委員会を設立、マカオ政府(11/14)

アプリで身分確認、HSBCが中小向けに(11/14)

続伸、主力銘柄に買い戻し=香港株式(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン