小麦輸入量が世界トップに、飼料需要増で

米農務省によると、インドネシアの2017年3月~18年2月の小麦輸入量は1,250万トンとなる見通しで、世界最大の小麦輸入国になる。輸入が制限されたトウモロコシに代わる飼料として、小麦の需要が伸びているためだ。 これまで最大輸入国だったエジプトが1,200万トン、ブラジルが78…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

IVL、インドネシアにPET原料の新会社(12:56)

テイクオフ:コス(下宿)が並ぶ通り…(02/22)

19年にブラックサンダーを生産 有楽製菓、海外初の生産拠点設置(02/22)

食品最大手、ブラジルに砂糖製造で合弁設立(02/22)

製粉工場の拡張に5300億ルピア、食品最大手(02/22)

昨年の清涼飲料市場、マイナス1%成長(02/22)

国際モーターショー、3.3兆ルピア成約目標(02/22)

ホンダ二輪、通年販売台数5%増目指す(02/22)

バンドン高速鉄道、総事業費61億ドルに(02/22)

首都の交通量は1800万台超、専門家が警鐘(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン