小麦輸入量が世界トップに、飼料需要増で

米農務省によると、インドネシアの2017年3月~18年2月の小麦輸入量は1,250万トンとなる見通しで、世界最大の小麦輸入国になる。輸入が制限されたトウモロコシに代わる飼料として、小麦の需要が伸びているためだ。 これまで最大輸入国だったエジプトが1,200万トン、ブラジルが78…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

国営電力、通貨安でグローバル債発行を延期(19:28)

MRT、駅名の命名権を競売へ(18:21)

中小の法人税率、7月から0.5%に引き下げ(15:23)

テイクオフ:今ではすっかり傍観者と…(05/24)

JJC新理事、新たな60年へ 共栄に向け新たな関係構築を(05/24)

一般道のナンバー規制拡大、アジア大会前に(05/24)

州営MRT、非現金化でゴジェックと提携(05/24)

ゴジェック、ベトナム進出を計画(05/24)

ジャカルタLRT、2期の事業費は7億ドル(05/24)

バタムの商工会議所、経済特区移行に反対(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン