テイクオフ:「日本裸祭團爆満」――…

「日本裸祭團爆満」――。ある朝香港紙をめくってニュースチェックをしていたら、刺激的な見出しが目に飛び込んで来た。気になって読んでみると、筆者の故郷である岡山の裸祭りを旧正月休みに見学する団体ツアーが、香港市民から人気を集めているとあった。

祭りは日本三大奇祭の一つとされ、ふんどし姿の男たちが福男を目指し、投下された「宝木(しんぎ)」を巡って争奪戦を繰り広げる。室町時代から続き、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。今年は旧正月休み中の17日に行われる。

筆者も10年前にこの祭りに参加したことがある。大勢の男衆が宝木を求めてぶつかり合う様は見応え十分だが、当時は外国人から注目を集めるとは考えもしなかった。訪日旅行のリピーターが多い香港から誘客する鍵は、こうしたディープな地域資源にあるのかもしれない。(祐)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テレビ視聴者は根強く存在 半数が夜時間帯に、CSM初調査(02/23)

化粧品大手のササ、台湾市場から撤退(02/23)

周大福、体験型店舗で若者集客へ(02/23)

セリーヌディオンのブランド、香港上陸へ(02/23)

スイス時計の1月香港輸出、5年ぶり伸び幅(02/23)

ボッシーニ、業界は「昨年末に底入れ」(02/23)

国産真珠の競売会、23日から香港で開催(02/23)

東亜銀の17年12月期、実質8割増益に(02/23)

反落、本土の金融と資源が下落=香港株式(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン