テイクオフ:「日本裸祭團爆満」――…

「日本裸祭團爆満」――。ある朝香港紙をめくってニュースチェックをしていたら、刺激的な見出しが目に飛び込んで来た。気になって読んでみると、筆者の故郷である岡山の裸祭りを旧正月休みに見学する団体ツアーが、香港市民から人気を集めているとあった。

祭りは日本三大奇祭の一つとされ、ふんどし姿の男たちが福男を目指し、投下された「宝木(しんぎ)」を巡って争奪戦を繰り広げる。室町時代から続き、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。今年は旧正月休み中の17日に行われる。

筆者も10年前にこの祭りに参加したことがある。大勢の男衆が宝木を求めてぶつかり合う様は見応え十分だが、当時は外国人から注目を集めるとは考えもしなかった。訪日旅行のリピーターが多い香港から誘客する鍵は、こうしたディープな地域資源にあるのかもしれない。(祐)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(16:24)

日系集まる複合ビル正式開業 香港ランド、中間層の消費つかむ(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

宝飾の英皇、既存店売上高は2桁の伸び(05/25)

マカオの小売売上高、1Qは25.7%増(05/25)

あしたのチーム、香港現法設立(05/25)

香港の合弁法律事務所、本土で設立規制緩和(05/25)

契約労働時間の導入保留、ガイドライン作成(05/25)

小反発、資源銘柄に買い戻し=香港株式(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン