政策で高まる乗用車の存在感 車社会化、普及率は年々上昇

タイの自動車市場で乗用車の存在感が高まっている。2012年に実施された自動車購入支援策「ファーストカー政策」は、需要の先食いで新車市場を数年間停滞させたが、自動車登録台数のうち、乗用車(7人乗りまで)がピックアップトラックを追い抜く契機となった。今年は消費者の購買…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車政治


その他記事

すべての文頭を開く

世界競争力、タイは3ランク下落の30位(05/25)

車部品、1~3月は5%増 市場回復もメーカーで明暗(05/25)

4月の新車販売、25%増の7.9万台(05/25)

4月の新車販売(表)(05/25)

建築展示会が開幕、来場者4500人見込む(05/25)

PTT、EVディーラー事業に関心(05/25)

TOTO、20年にウォシュレット生産へ(05/25)

ヤマト、小口保冷配送で国際規格取得(05/25)

配車オールタイ、VIP用にベンツ100台(05/25)

商業施設CPN、5年で3400億円投資へ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン