景況感、10~12月期は大幅改善

シンガポールで企業景況感が大きく改善している。経済紙ビジネス・タイムズとシンガポール社会科学大学(SUSS)が共同で実施した2017年10~12月期の調査によると、向こう半年間(18年1~6月)の事業見通しについて「改善」を予想する企業の割合から「悪化」を予想する企業の…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計マスコミ・出版・広告社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:旧正月(春節)になじみ…(02/20)

消費税、21年以降に9%に上げ 海外サービス利用でも課税へ(02/20)

歳出は8%増、18年度は3年ぶり赤字予算(02/20)

第1ターミナルの到着ロビー、地下に移転へ(02/20)

駅窓口でのICカード入金、3月に完全終了(02/20)

港湾PSA、トゥアス港で無人搬送車導入へ(02/20)

公共交通機関に「満足」、17年は94.5%に低下(02/20)

GAPが全店閉鎖へ、今月末でFC契約終了(02/20)

フレイザーズ、欧州の物流不動産を取得(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン