資源リオ、アルミ事業の豪上場を検討

英豪系資源大手リオ・ティントは、傘下のアルミ事業、パシフィック・アルミニウムのオーストラリア証券取引所(ASX)への上場を検討しているもようだ。上場後の時価総額は19億米ドル(約2,065億円)から39億米ドルに上る見込み。12日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビ…

関連国・地域: オーストラリアニュージーランド欧州
関連業種: 鉄鋼・金属金融天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日常生活をほとんど英語…(08/20)

豪首相、排出削減の法律撤回 与党内の反対派に配慮(08/20)

EUとのFTA交渉、豪の自動車税廃止検討(08/20)

〔政治スポットライト〕豪外務省、ソフトパワー検討の報告書公表(08/20)

労働党の税額控除案、歳入増の予想は過剰?(08/20)

東部州のガス開発遅れ、価格高騰の引き金に(08/20)

オリジン、LNG好調で通期純利益黒字回復(08/20)

〔ポッサムのつぶやき〕市民権取得の待機者、現政権下で300%増(08/20)

分散型台帳で年金業界のコスト減=豪証取(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン