• 印刷する

テイクオフ:オーストラリア最大の未…

オーストラリア最大の未解決事件の一つとして知られる「ボーモント家の子ども失踪事件」の犯人像を巡る議論が、ここ最近世間を再びにぎわせた。

1966年1月26日、自宅近くのグレネルグ・ビーチで遊んでいたボーモント家の子ども3人がこつ然と姿を消した。52年たった今も行方は分からず、今月初めに遺体が埋まっているとされる土地が掘り起こされたものの、結局何も見つからず捜査は振り出しに戻った。

この事件、「子どもたちが背の高いブロンドの男性と砂浜で遊んでいるのを見た」という目撃証言以外、何も手がかりはつかめていない。だが、先日もテレビで「国内最大級のミステリー」として取り上げられたため、同事件の話題が再燃した。

3人はまだ生きているかもしれない。子どもたちの両親がまだ存命なので、一刻も早く解決されることを願うばかり。(香佳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーで建設中の鉄道…(11/14)

アサヒ、キリン事業買収に参画か 入札参加に登録(11/14)

日豪米、印太平洋での協調融資で覚書(11/14)

インドネシアとの貿易協定、調印は見送り(11/14)

豪エナジーラボ、再生エネ事業拡大を計画(11/14)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(342)(11/14)

RCEP、豪日の要求高く年内妥結困難か(11/14)

豪10月の企業景況感、下落も長期平均上回る(11/14)

男女の給与格差が縮小、有給育児休暇は停滞(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン