豪でのIPO大幅増へ、経済の堅調受け

オーストラリアでは今年、新規株式公開(IPO)を実施する企業の数が大幅に増える見通しだ。良好な経済ファンダメンタルズを背景に、国内企業が事業の売却を行わないと予想されていることが理由。12日付オーストラリアンが伝えた。

国内のエクイティ・キャピタル・マーケット(ECM)では昨年、IPO資金調達額が25億2,000万豪ドル(約2,143億円)と、2016年の63億5,000万豪ドルから大きく減少し、過去5年来の最低水準となった。

昨年にIPO市場が振るわなかった背景には、複合企業ウェスファーマーズのオフィス用品販売部門オフィスワークスやファストフードチェーン運営会社クレイバブル・ブランズなどの大型IPOが延期されたことがある。

しかしマッコーリー・キャピタルの株式資本市場部長は、オーストラリアの経済が依然堅調であり国内の企業収益が上向き始めたことから、「今年はECMにおける取引を健全なレベルで維持することが可能」と指摘。ECMがグローバルで成長を遂げていることも合わせ、国内でのIPOについては「投資家の間で楽観的な見方が広がっている」と話した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎朝会社に新聞を配達す…(05/23)

豪連邦、州インフラ補助減額 過去5年間で最少の215億$(05/23)

ワンネーション党、法人税減税の支持撤回(05/23)

〔政治スポットライト〕豪中外相会談、2国関係改善で意見交換(05/23)

豪のごみ問題深刻化、日本の焼却技術に注目(05/23)

源泉徴収票が7月から段階的廃止、電子化へ(05/23)

AGLがリデル火電売却拒否、政府は強制も(05/23)

WAに共同使用のパイプラインを=ガス大手(05/23)

海外企、豪高速道路市場の寡占を非難(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン