• 印刷する

双竜自、インドで大型SUVを組み立て販売

韓国の自動車メーカー、双竜自動車は、部品を輸出して現地で組み立てるノックダウン方式でインドのスポーツタイプ多目的車(SUV)市場に進出する。12日、マヒンドラ・アンド・マヒンドラ(M&M)と大型SUV「G4レクストン」のライセンス契約を結んだと発表した。

今年下期をめどに、インド南西部のマハラシュトラ州チャカンにある同社工場で「G4レクストン」の組み立てを始める。韓国はインドと自由貿易協定(FTA)を結んでおらず、輸入自動車に対して高い関税が課されることから、ノックダウン方式を選択した。

双竜自の崔鍾植(チェ・ジョンシク)社長は「M&Mとは今後も、新車開発やプラットフォーム開発、海外市場攻略などで相乗効果を高めていく」とコメントした。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

JW中外製薬、血友病A治療薬を近く発売(16:52)

海外でのオンライン販売拡大、現代自(16:53)

サムスンのバイオ医薬品、米当局が販売承認(16:53)

生鮮食品の早朝配送、クーパンが全国に拡大(17:11)

テイクオフ:南北合同チーム「コリア…(01/21)

燃料電池車を620万台生産 2040年まで、水素経済実現目指す(01/21)

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(01/21)

23日に日韓外相会談、徴用工訴訟の対応協議か(01/21)

三菱重工に協議申し入れ、原告の元徴用工(01/21)

18年ICT輸出が過去最高、伸び率は減速(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン