• 印刷する

双竜自、インドで大型SUVを組み立て販売

韓国の自動車メーカー、双竜自動車は、部品を輸出して現地で組み立てるノックダウン方式でインドのスポーツタイプ多目的車(SUV)市場に進出する。12日、マヒンドラ・アンド・マヒンドラ(M&M)と大型SUV「G4レクストン」のライセンス契約を結んだと発表した。

今年下期をめどに、インド南西部のマハラシュトラ州チャカンにある同社工場で「G4レクストン」の組み立てを始める。韓国はインドと自由貿易協定(FTA)を結んでおらず、輸入自動車に対して高い関税が課されることから、ノックダウン方式を選択した。

双竜自の崔鍾植(チェ・ジョンシク)社長は「M&Mとは今後も、新車開発やプラットフォーム開発、海外市場攻略などで相乗効果を高めていく」とコメントした。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、カナダに7カ所目のAIセンター(11:18)

テイクオフ:17年も待ちました——…(10/17)

東レがフィルター合弁設立 空気清浄機用、アジア需要に対応(10/17)

韓進会長が在宅起訴、裁判では実刑判決も(10/17)

現代タインコン「グランドi10」がリコール(10/17)

18年連続で満足度1位、韓国富士ゼロックス(10/17)

製造業、10~12月期の景況見通しが悪化(10/17)

労働時間短縮で余暇時間増、会社員の6割(10/17)

9月の輸入物価指数、9.7%上昇(10/17)

韓国公社、越都市鉄道事業拡大へ提携を推進(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン