シャープ、今年を8K元年に 故宮デジタル化、TVの台湾投入も

シャープは今年、4Kから、より高精細な「8K」事業へのシフトに急ピッチで取り組む意向だ。2017年5月に発表した中期経営計画で8Kを、モノのインターネット(IoT)と人工知能(AI)を融合した「AIoT」と並ぶ成長の柱に位置付けており、関連製品の商品化を急ぐ。台湾…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、西部での投資提案を撤回か(02/20)

【プロの眼】台湾文化の一部分である「台湾映画」の変遷について(02/19)

小学生の保護者向けPR、日本企業が支援(02/19)

新興航空カンボジア・エア、下期に台湾就航(02/16)

テイクオフ:杏仁豆腐が無性に食べた…(02/14)

中原大学の産学連携に期待感 企業が認める大学、私大部門2連覇(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン