• 印刷する

インド企業連合、UAEで油田開発に参加

インド石油ガス公社(ONGC)が主導するインドの企業連合(コンソーシアム)が、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ沖で油田開発に参加することが決まった。UAEの油田開発にインド企業が投資する初の案件となる。PTI通信が10日伝えた。

モディ首相のUAE訪問に合わせ、来月に開発権が切れる油田の一つ、下ザクムの権益10%を取得することで、ONGCとアブダビ国営石油(ADNOC)が10日に覚書を交わした。開発には、ONGCの海外事業子会社ONGCビデシュ(OVL)とインド石油公社(IOC)、バーラト・ペトロリアム(BPCL)の完全子会社であるバーラト・ペトロリソーシズ(BPRL)の3社が参加する。権益の取得費は6億米ドル(約650億円)で、契約期間は2057年までの40年。

覚書への調印には、モディ首相とアブダビのムハンマド皇太子が立ち会った。インドはUAEからの原油調達で日本に次ぐ世界2位。ADNOCのジャベル最高経営責任者(CEO)は「主要な成長市場での一段のシェア拡大」に期待感を示した。


関連国・地域: インド
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ中古店で「新車」販売 スリランカ、日本製が人気(02/22)

二輪ロイヤルのスト、労使交渉が不調に(02/22)

高品質鉄鋼のBIS認証義務化、4月に延期(02/22)

トラクターのソナリカ、1月輸出台数が倍増(02/22)

東電PG、ダッカ電力と変電所コンサル契約(02/22)

太陽光発電設備の総容量、18年末は28GW(02/22)

サウジ皇太子、1千億ドルの投資を示唆(02/22)

4~12月のFDI流入、7%減の335億ドル(02/22)

長城汽車、インドに子会社設立(02/22)

消費者信頼感、2月は0.9ポイント低下(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン