• 印刷する

貸しスペース仲介システム、大学生が開発

カンボジアの学生起業家らで構成する団体「SPAREアジア」は、貸しスペースの仲介システムを開発した。ウェブサイトを通じ、貸主と賃貸希望者をマッチングさせる仕組み。クメール・タイムズ(電子版)が9日に伝えた。

SPAREは、首都プノンペンの私立ザマン大学の学生3人が立ち上げた。代表者は「ウェブサイトを通じ、会議室やイベント会場などのスペースとして借りられる場所を効率的に検索、予約できるシステムを開発した」と説明。貸主にとっても、空いているスペースを貸すことで利益になると述べ、双方にとってメリットがあることを強調した。

システムの商用化については、現在最終的な調整を進めている段階。SPAREのウェブサイトでは、賃貸希望者と貸主の登録を受け付けている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

上場企業に新税優遇措置 免税対象拡大、経済活性化に弾み(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

縫製・製靴工場の8割、月2回賃金開始(01/18)

18年の工場新設、19%増の178件=工業省(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

スバイリエンの靴工場で休業補償求め抗議(01/18)

独BASFが子会社、販路開拓へ(01/18)

シアヌークビル、ゴミ回収車など増強(01/18)

覚醒剤3.3キロ密輸疑い、男を告発(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン