広がる乗用車の品薄、テト前需要急増で

ベトナムでテト(旧正月)を前に、新車の購入需要が急増し、国内組み立て生産のスポーツタイプ多目的車(SUV)などで品切れ、品薄が拡大している。8日付ダウトゥ電子版が報じた。 ハノイ市南トゥーリエム区ミーディン在住の男性はこのところ、マツダのSUV「CX―5」を探…

関連国・地域: 韓国ベトナム日本米国
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

車輸入が通年で過去最高へ 長引く検査、116号の課題は山積み(05/23)

アイカ工業、ベトナム初の化粧板工場を開所(05/23)

バンドン空港、サービスの質で国内トップに(05/23)

航空4社の定時運航率、18年は好成績(05/23)

ホーチミン市、無認可トラックヤードが増加(05/23)

家具の敏華、米向け生産をベトナムに移管(05/23)

豚肉価格が上昇、越からの輸入停止で(05/23)

首都建設基本計画、ザーラム郡などに重点(05/23)

ホアファット、日本に圧延材6千トン輸出へ(05/23)

1~4月の鉄鋼輸入9%増、中国が最多(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン