テイクオフ:「結婚仲介サービス業界…

「結婚仲介サービス業界で働いてみませんか?」。先ごろ地元紙に同業界の専門家育成コースの広告が掲載された。

広告には「WSQ(労働技能資格)」とある。政府が国民の技能向上に向けて導入した職業訓練プログラムだ。講座は◇事業立ち上げなどの経営◇効率的なデート設定を含むサービス◇イベント開催――という3種類から選べる。研修期間は2~3日と短いが内容は本格的だ。日本と同様、低出生率に悩む当地では、政府が積極的に男女の出会いを仲介するサービスを支援している。お見合いを支援する社会開発ネットワーク(SDN)という政府機関もあり、今回の研修もSDNが主催者だ。掲載時期は、バレンタインデー直前ということも意識したのだろうか。

雇用創出と出生率上昇という「一石二鳥」が期待できる結婚仲介業は、政府にとって金融や製造などと同様に重要産業なのかもしれない。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 商業・サービス社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

GDPを100億米ドル押し上げ 企業のデジタル化、21年までに(02/23)

アベジャ、国立大と人工知能分野で連携(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

SIA、パース便にボーイング最新鋭機を投入(02/23)

チャンギ子会社、サウジの空港運営権を喪失(02/23)

トレノケート、5カ国でアマゾン研修機関に認定(02/23)

オスロ証取、EMASオフショアに上場廃止処分(02/23)

POSB銀、外国人労働者向け会員制度導入(02/23)

金融庁、店頭デリバティブ取引の新規制提案(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン