メガワールド、ダバオでスマート都市開発

フィリピンのアンドリュー・タン財閥の不動産開発会社メガワールドはこのほど、ミンダナオ地方ダバオ市で開発中の複合地区「ダバオ・パーク・ディストリクト」を、デジタル技術や革新的デザインを取り入れたスマート都市開発「iタウンシップ」のモデル都市にすると発表した。今後…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

中国のインフラ大手、メトロ銀と助言契約(16:23)

水道マイニラッド、18年設備投資は90億ペソ(16:23)

テイクオフ:箱を開けると明るい声が…(02/20)

本格化する外国人の家事代行 ニチイ、戦略特区でサービス開始(02/20)

18年新車販売は前年並み、自動車工業会予測(02/20)

SMプライム、賃貸好調で17年は16%増益(02/20)

ロビンソンズランド、ITパークの開発加速(02/20)

期限付き預金入札、初の14日物は応札2倍超(02/20)

19日為替:$1=52.340ペソ(↓)(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン