海運業界、バーツ高・賃上げで輸出鈍化予測

タイ海運業者協会(TNSC)のカンヤパック会長は、バーツ高と最低賃金引き上げの影響で、今年の輸出額の成長率が昨年の9.9%から4.3%に鈍化するとの予測を示した。7日付各紙が報じた。

TNSCは先月、昨年の輸出額が大幅に増加したことを受け、今年の成長率の予測を5.0%から5.5%に上方修正したばかり。バーツ高が予想以上に進行したほか、賃上げによる生産コスト上昇を考慮していなかったため、再度予測を見直した。バーツ高と賃金上昇への対策を実施しない場合、今年の輸出額が50億米ドル(約5,500億円)押し下げられるとみている。

賃上げの影響を軽減するために企業が生産性の向上を進める時間が必要と指摘。政府に対して最低賃金引き上げの1年延期や中小企業向け税制優遇の拡大を要請している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計金融・保険雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

世界競争力、タイは3ランク下落の30位(12:48)

車部品、1~3月は5%増 市場回復もメーカーで明暗(05/25)

4月の新車販売、25%増の7.9万台(05/25)

4月の新車販売(表)(05/25)

建築展示会が開幕、来場者4500人見込む(05/25)

PTT、EVディーラー事業に関心(05/25)

TOTO、20年にウォシュレット生産へ(05/25)

ヤマト、小口保冷配送で国際規格取得(05/25)

配車オールタイ、VIP用にベンツ100台(05/25)

商業施設CPN、5年で3400億円投資へ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン