• 印刷する

テイクオフ:2017年は7,000…

2017年は7,000人の高所得者がインドから海外に転居したという。1万人の中国に次ぐ規模に拡大した。インドでは転出者以上の高所得者が継続して生まれているため問題ないとの声もあるようだが、インドからの転出者は15年4,000人、16年6,000人と年々増加している。

以前、某カフェチェーンで近くに座っていた中学生と思われる学生らが将来の進路について語っているのが聞こえてきた。その中の男子学生が「インドにいてはだめだ」と力説。教育を含めてインドはあらゆる点で世界水準に達していないというのが彼の主張らしかった。確かに海外の大学に留学する学生は多い。

高所得者や学生の海外志向は、国内消費の逸失や人材の流出につながる。高水準で成長を続け、世界から注目を集める国内経済だが、金持ちや若者の心をつなぎ止める文化的魅力は欠けているのだろうか。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インフラ事業へ参加も、韓印会談で協力確認(02/22)

トヨタ中古店で「新車」販売 スリランカ、日本製が人気(02/22)

二輪ロイヤルのスト、労使交渉が不調に(02/22)

高品質鉄鋼のBIS認証義務化、4月に延期(02/22)

トラクターのソナリカ、1月輸出台数が倍増(02/22)

東電PG、ダッカ電力と変電所コンサル契約(02/22)

太陽光発電設備の総容量、18年末は28GW(02/22)

サウジ皇太子、1千億ドルの投資を示唆(02/22)

4~12月のFDI流入、7%減の335億ドル(02/22)

長城汽車、インドに子会社設立(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン