• 印刷する

18年の韓国経済は緩やかな成長、2.9%予想

政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)が1月末に国内の専門家を対象にアンケートを実施した結果、韓国の2018年の国内総生産(GDP)成長率見通しは2.9%と集計された。17年10月時点の調査に比べ0.1ポイント上がったが、韓国銀行(中央銀行)の見通しに比べると0.1ポイント低い。

今年は下期以降、輸出額の伸びが鈍ると予測される。それでも世界経済の堅調な成長の流れを追い風に、年間では7%台後半の増加率になりそうだ。経常収支の黒字は前年比小幅減の740億米ドル(約8兆700億円)前後と予想された。

実体経済の回復は緩やかになり 就業者数の増加幅は前年から小幅拡大し、失業率は3.5%に改善するとみられる。

消費者物価指数の上昇率は原油など原材料価格の上昇にもかかわらず、物価安定目標を下回る1.8%にとどまる見通しだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:過去問をひたすら解く毎…(07/17)

サムスンは迂回輸入で調達か トップ帰国、輸出規制に備え(07/17)

フッ化水素の国産品テスト、半導体大手2社(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

経産相が韓国主張に不快感、「事実と違う」(07/17)

現代自、1~6月の販売9%増(07/17)

三菱重資産売却「早期に」、回答期限超過で(07/17)

韓国経済団体が日本に意見書、輸出規制で(07/17)

ロッテ会長が日本出張から帰国、対応に注目(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン