• 印刷する

レンゴー、段ボール製造2社を完全子会社化

レンゴーは1日、タイの素材最大手サイアム・セメント(SCG)との合弁会社を通じ、同国で段ボールを製造・販売する2社を完全子会社化したと発表した。それぞれ出資比率を75%から100%に引き上げた。

SCG子会社のSCGパッケージングが70%、レンゴーが30%を出資するタイ・コンテナーズ・グループ(TCG)が、ダイナ・パックスとオリエント・コンテナーズの株式を追加取得した。SCGによるタイ証券取引所(SET)への報告によると、取得額は計2億6,300万バーツ(約9億円)。2社はバンコク西郊サムットサコン県で段ボール工場を運営。年産能力は計12万1,000トンで、食品・飲料メーカーを主要顧客としている。

レンゴーの担当者は「完全子会社化することで、意思決定が迅速になる」と説明。同社はタイをはじめとする東南アジアの段ボール事業を重要な戦略事業とし、供給体制の充実を図る考え。タイでは段ボール事業で14工場を運営している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: その他製造金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「観光名所までの往復料…(01/21)

19年の日系昇給率4.1%予測 業務効率化が急務に=NNA調査(01/21)

日産がタイでEV生産へ、海外で初(01/21)

空港高速鉄道入札、契約締結は来月以降に(01/21)

カンボジア人にタイで技術研修、日本が支援(01/21)

エスペック、越に製品サポート拠点(01/21)

タイ中鉄道第2区間、シビルが優先交渉権(01/21)

路線バス値上げ、国営企業政策委が中止命令(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

タイからのエアコン輸入、18年は1600万ドル(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン