豪政府、スパイ関連法改正へ 「冷戦時よりスパイ活動活発化」

オーストラリア連邦政府のターンブル政権は、オーストラリアに対する他国のスパイ活動への対策を強化するため、関連法の改正を目指している。情報統制を懸念する世論に対し、ポーター司法長官は、メディアの活動を縛る意図はないとして沈静化に努めている。「冷戦当時よりもスパイ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事からの帰り道、あと…(07/17)

豪企4割、賃上げ率0~2% 全国CEO調査(07/17)

豪政府、職業教育訓練制度の改革に着手(07/17)

豪LNG輸出が世界2位、国内供給はひっ迫(07/17)

豪財界団体AIG、ガス価格の抑制に期待(07/17)

QLD石炭輸出量、6月に単月過去最高(07/17)

豪ライオン、飲食業向け採用企に再出資(07/17)

印アダニ、豪事業で2億7300万ドル損失計上(07/17)

豪で健康な若者の民間医療保険離れが加速(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン