第一三共、ランバクシー問題で勝訴

インドのデリー高等裁判所は1月31日、製薬大手ランバクシー・ラボラトリーズ(当時)の創業者らに対して、第一三共に350億ルピー(約600億円)の損害賠償金を支払うよう命じた。原告の第一三共の勝訴が決まった。しかし、被告の創業者らには控訴できる可能性が残されている。 11…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 医療・医薬品金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:グジャラート州投資サミ…(01/22)

インドのアフリカ重視鮮明 サミットに特別枠、外交で最優先(01/22)

起亜自、インド第1弾モデルを試験生産へ(01/22)

自動車購入時のGST課税、所得税は対象外(01/22)

乗用車輸出、2年連続で前年割れ見通し(01/22)

ルーカスTVS、電動車モーターの供給計画(01/22)

中油、インド石化プラント建設計画を断念(01/22)

サムスン、インドでの携帯生産に不透明感(01/22)

バイジューズ、米知育アプリのオスモを買収(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン