バリ投資で不正集金、出資法違反容疑で捜索

【共同】インドネシア・バリ島での不動産投資などの名目で、元本保証と高配当をうたって無許可で金を集めたとして、千葉地検特別刑事部と千葉県警の合同捜査班は31日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、バリ島を拠点とする「アスナグループ」の関係先を家宅捜索した。捜査関…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今ではすっかり傍観者と…(05/24)

JJC新理事、新たな60年へ 共栄に向け新たな関係構築を(05/24)

一般道のナンバー規制拡大、アジア大会前に(05/24)

州営MRT、非現金化でゴジェックと提携(05/24)

ゴジェック、ベトナム進出を計画(05/24)

ジャカルタLRT、2期の事業費は7億ドル(05/24)

バタムの商工会議所、経済特区移行に反対(05/24)

産業省、投資拡大に事業許可を簡素化へ(05/24)

断食月の現金需要、15%増の188兆ルピア(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン