• 印刷する

テイクオフ:アチェ州に住むトランス…

アチェ州に住むトランスジェンダーを撮ったドキュメンタリー映画「ブルマタ」が公開された2016年、ジャカルタの小さな上映施設は満員だった。

性的少数者(LGBT)事情に明るくなくても、イスラム法(シャリア)が施行されているアチェ州で、トランスジェンダーとして生きるのは並大抵の苦難ではないことくらいは想像がつく。家族に拒絶される人も多く、主役の一人は「弟に殺されるかもしれないから家には帰れない」と話した。

アチェ州では今週、警察当局やイスラム教団体が「トレーニング」と称して、男性の体で生まれて女性として生きる12人の髪を切り、見た目を無理やり「男」に変えた。さらに大声で叫ぶことなどを強要し、男の体ということを意識づけさせた。こうしたニュースを聞くたびに、地域による意識の違いの大きさと、ブルマタの彼女らを思い出す。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアにいま、7…(08/15)

【自動車特集】購入「価格」「燃費」を重視 新車選び、LCGC人気再浮上(08/15)

4~6月の海外直接投資、前年同期比13%減(08/15)

トルコリラ暴落対策、経常赤字の縮小求める(08/15)

為替が1万4600ルピア台に、株価は続落(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

住宅金融支援機構、第二次抵当公社と覚書(08/15)

物流アラ、ジャカルタに初の海外事務所設立(08/15)

トヨタ、オートショーで6千台を成約(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン