「テト攻勢」から50年、ベトナム戦争の転機

【ハノイ共同】ベトナム戦争から米国が撤退するきっかけとされ、戦争最大の転機とも称される1968年1月の「テト攻勢」から50年を記念する式典が31日、戦闘の舞台となった南部ホーチミンで開かれた。 国営メディアによると最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長らが出席。…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

モバイル通信、ユニテルが最速=米調査(11/22)

松尾製菓、20年に工場稼働へ 日本向けに「チロルチョコ」生産(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

ベトナム海外投資先、カンボジアが4位に(11/22)

航空分野10年で4倍、今後はインフラ投資を(11/22)

ベトナム航空、ハノイ―マカオ線12月就航(11/22)

中越国境で、貨物専用道路が来年1月開通へ(11/22)

ニントゥアン、再生可能エネの送電網が不足(11/22)

太陽光発電投資が下火に、事業効率低下で(11/22)

ビナケム、南部化学品輸出入社の株売却へ(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン