「テト攻勢」から50年、ベトナム戦争の転機

【ハノイ共同】ベトナム戦争から米国が撤退するきっかけとされ、戦争最大の転機とも称される1968年1月の「テト攻勢」から50年を記念する式典が31日、戦闘の舞台となった南部ホーチミンで開かれた。 国営メディアによると最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長らが出席。…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ビンファストとシーメンス、電気バスで協力(08/14)

空港総公社、サパ空港の建設に意欲(08/14)

液晶テレビの瑞軒、ベトナムに新工場建設へ(08/14)

ダナン、ASEANのロジセンター開発へ(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

10年周期の不動産バブル、再来の兆候なし(08/14)

ズンク製油所、1~7月利益が通年目標超え(08/14)

チャビン省、4件目の風力発電事業を承認(08/14)

PVパワー社長「LNG発電を推進」(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン