• 印刷する

1月の外国直接投資、24%減

ベトナムで2018年1月に認可された新規および追加の外国直接投資(FDI)と外資によるベトナム企業への出資・株式取得は計642件、総額は12億5,540万米ドル(約1,360億円)で、前年同期を24.1%下回った。国・地域別では韓国が最大だった。

計画投資省外国投資局(FIA)が、FDIの1月20日までの集計結果を公表した。新規の認可件数は166件で、認可総額は前年同期比64.4%減の4億4,260万米ドルだった。既存案件への追加投資は61件で、認可総額は同155%増の4億5,680万米ドルだった。出資・株式取得は415件、54.7%増の3億5,600万米ドルだった。

投資認可額を国別にみると、韓国が188件、総額3億5,560万米ドルでトップ。2位はシンガポールで32件、総額1億9,910万米ドルだった。日本は4番手で83件、計1億450万米ドルだった。

省市別にみると、ホーチミン市が281件、3億622万米ドルで最大。北部ハイズオン省、南部ビンズオン省などが続いた。

産業別にみると、加工・製造が230件、計9億900万米ドルで7割を占めた。続いて卸売り・小売りが188件、9,000万米ドルだった。

FDI実行額は前年同月比10.5%増の10億5,000万米ドルだった。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

若年の失業率、7%に近づく 大卒の就職難続き強まる海外志向(10/23)

19年成長目標は6.6~6.8%=首相(10/23)

1~9月の交通事故1.3万件、死者6千人超(10/23)

韓国企業がビメコと提携、スマート都市で(10/23)

ニントゥアン省、風力発電所4カ所完工へ(10/23)

米カーギル、12カ所目の家畜飼料工場が完成(10/23)

韓国CJ、7万トン規模の飼料工場完成(10/23)

食塩に栄養添加の政令9号、緩和へ動き(10/23)

ビタデイリー、ビンズオン省で第2工場完成(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン