1月の外国直接投資、24%減

ベトナムで2018年1月に認可された新規および追加の外国直接投資(FDI)と外資によるベトナム企業への出資・株式取得は計642件、総額は12億5,540万米ドル(約1,360億円)で、前年同期を24.1%下回った。国・地域別では韓国が最大だった。

計画投資省外国投資局(FIA)が、FDIの1月20日までの集計結果を公表した。新規の認可件数は166件で、認可総額は前年同期比64.4%減の4億4,260万米ドルだった。既存案件への追加投資は61件で、認可総額は同155%増の4億5,680万米ドルだった。出資・株式取得は415件、54.7%増の3億5,600万米ドルだった。

投資認可額を国別にみると、韓国が188件、総額3億5,560万米ドルでトップ。2位はシンガポールで32件、総額1億9,910万米ドルだった。日本は4番手で83件、計1億450万米ドルだった。

省市別にみると、ホーチミン市が281件、3億622万米ドルで最大。北部ハイズオン省、南部ビンズオン省などが続いた。

産業別にみると、加工・製造が230件、計9億900万米ドルで7割を占めた。続いて卸売り・小売りが188件、9,000万米ドルだった。

FDI実行額は前年同月比10.5%増の10億5,000万米ドルだった。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 経済一般・統計金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

農業省が一村一品運動を始動 地域を活性化、大分の団体も支援(05/25)

JCB、17年決済総額は6割増(05/25)

ベトナム航空株、購入権入札が不発(05/25)

カットライ港、廃プラ・廃紙の受入中止(05/25)

公共建設工事の積算基準システム整備へ(05/25)

今年は不動産バブルは生じない=HoREA(05/25)

旋盤とフライス盤の国家技能検定を開催へ(05/25)

紙生産、1~4月は60%増の118万トン(05/25)

クアンニン省、化学工場の建設計画を却下(05/25)

日系5社、ハノイで農業技術を合同PR(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン