初のLNG火力発電所に許可 欧・中大手など、計3千MW追加

ミャンマー電力・エネルギー省は30日、欧州や中国の大手企業による液化天然ガス(LNG)を燃料とする大型火力発電所2カ所の開発推進を許可した。出力はともに1,000メガワット(MW)超。同国では電力が慢性的に不足、産業発展の足かせにもなっており、輸入LNGの活用で電力の…

関連国・地域: 中国タイミャンマー日本欧州
関連業種: 電力・ガス・水道建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

マンダレー空港利用者、昨年は132万人に(02/16)

ヤンゴン駅開発、落札企業決定 シンガ・中国と地場連合で始動へ(02/16)

〔寄り道〕ミャンマー人やヤンゴン生活…(02/16)

米製薬企業、首都の工業団地に投資計画(02/16)

教育部門への外国投資に期待、日本からも(02/16)

中国への翡翠輸出が復調、57%増4億ドル(02/16)

宝石TASAKIが奨学金制度創設(02/16)

配車グラブ、企業向けの新サービス開始(02/16)

ヤンゴン空港、中国人客向け「べからず集」(02/16)

ヤンゴン市開発法の新草案、再び批判集中(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン