事故車タウ、損保と協業強化へ ASEAN展開も狙う

事故車両売買のタウ(さいたま市)は、フィリピン現地法人の設立の可能性を視野に入れながら、提携する損害保険会社との協業を強化する。事故車の調達を増やし、フィリピン国内での売上高(年商)を3年間で4.5倍の18億円とする目標を掲げた。日本やフィリピンのビジネスモデルを軸…

関連国・地域: タイマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車金融サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:家電量販店で、商品のカ…(08/16)

スーパー大手、上期決算は明暗 税制改革で既存店売り上げ堅調(08/16)

国民IDのインフラ整備、アヤラ連合が提案(08/16)

6月の海外送金受取、4.5%減の23.6億ドル(08/16)

GTキャピタル、自動車販売不調で減収減益(08/16)

15日為替:$1=53.470ペソ(↓)(08/16)

韓国系半導体SFA、生産品目シフトで減益(08/16)

米BPO大手、首都圏ケソン市に新拠点開設(08/16)

海事産業庁、造船新興でJICA協力に期待(08/16)

アヤラ、ベトナムの太陽光発電の容量拡大(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン