事故車タウ、損保と協業強化へ ASEAN展開も狙う

事故車両売買のタウ(さいたま市)は、フィリピン現地法人の設立の可能性を視野に入れながら、提携する損害保険会社との協業を強化する。事故車の調達を増やし、フィリピン国内での売上高(年商)を3年間で4.5倍の18億円とする目標を掲げた。日本やフィリピンのビジネスモデルを軸…

関連国・地域: タイマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車金融・保険商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:速いといえば速いし、遅…(02/26)

輸出業者が仕入VATに意見 還付制度が先、優遇扱いに反対(02/26)

首都空港の拡充事業、チャンギが3割出資も(02/26)

LRT1号線の車両改良、独フォイトに発注(02/26)

現代自の1月販売、3%増の2903台(02/26)

23日為替:$1=51.890ペソ(↑)(02/26)

LTEの利用環境、比は世界下位に低迷(02/26)

新興不動産企業、1億ドルの住宅建設受注(02/26)

ガスのプライス、17年は価格上昇で増収増益(02/26)

豪労働市場、人口高齢化を移民増が相殺(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン