テイクオフ:日中平和友好条約締結4…

日中平和友好条約締結40周年を記念して1月20日、北京で山崎まさよしさんと竹原ピストルさんのライブが行われた。このうち竹原さんは自身初の海外公演。中国語で行った観客へのあいさつが、とてもきれいな発音だった。

演奏後には、「あったかいお客さんの前で演奏できてうれしい。これからも中国語の勉強がんばります」。リップサービスかと思ったら、本当に中国語の勉強をしてライブに臨んだことを後から知った。現地紙報道によると、竹原さんは「ライブが決まってすぐに近所の語学学校に行って、ジャオラオシー(趙老師)に中国語を教えてもらった」のだそうだ。

「個人個人が仲良くしようとする気持ちが、国と国の仲良しであろうって気持ちにつながっていくもんだと信じて、活動していこうと思います」。客席で聞いた竹原さんの言葉がより一層、胸に響いてくる。(天)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米国債保有残高、7カ月連続で中国が首位(02/16)

郵船ロジ、初の鉄道一貫輸送サービスを開始(02/16)

上海が半導体装置・材料基金、産業育成へ(02/16)

伊藤忠が台北101の第2位株主に、投審会認可(02/16)

中国製車両ホイール、AD関税継続を検討(02/16)

飲料タイビバ、17年10~12月は減収減益(02/16)

ヤンゴン空港、中国人客向け「べからず集」(02/16)

【カンボジア経済通信】中国首相が訪問、大盤振る舞い続く 第331回(02/16)

CSL、世界の製薬業界の買収合戦から距離(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン