テイクオフ:日中平和友好条約締結4…

日中平和友好条約締結40周年を記念して1月20日、北京で山崎まさよしさんと竹原ピストルさんのライブが行われた。このうち竹原さんは自身初の海外公演。中国語で行った観客へのあいさつが、とてもきれいな発音だった。

演奏後には、「あったかいお客さんの前で演奏できてうれしい。これからも中国語の勉強がんばります」。リップサービスかと思ったら、本当に中国語の勉強をしてライブに臨んだことを後から知った。現地紙報道によると、竹原さんは「ライブが決まってすぐに近所の語学学校に行って、ジャオラオシー(趙老師)に中国語を教えてもらった」のだそうだ。

「個人個人が仲良くしようとする気持ちが、国と国の仲良しであろうって気持ちにつながっていくもんだと信じて、活動していこうと思います」。客席で聞いた竹原さんの言葉がより一層、胸に響いてくる。(天)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(09:33)

米商務長官、6月2~4日に訪中(05/25)

国有企業の純利益、1~4月は18.4%増(05/25)

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(05/25)

22年北京五輪、公式グッズメーカーを募集(05/25)

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

米国の輸入車関税案に反発、中国商務省(05/25)

サービス貿易を振興、指定17地域で(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン