• 印刷する

テイクオフ:日中平和友好条約締結4…

日中平和友好条約締結40周年を記念して1月20日、北京で山崎まさよしさんと竹原ピストルさんのライブが行われた。このうち竹原さんは自身初の海外公演。中国語で行った観客へのあいさつが、とてもきれいな発音だった。

演奏後には、「あったかいお客さんの前で演奏できてうれしい。これからも中国語の勉強がんばります」。リップサービスかと思ったら、本当に中国語の勉強をしてライブに臨んだことを後から知った。現地紙報道によると、竹原さんは「ライブが決まってすぐに近所の語学学校に行って、ジャオラオシー(趙老師)に中国語を教えてもらった」のだそうだ。

「個人個人が仲良くしようとする気持ちが、国と国の仲良しであろうって気持ちにつながっていくもんだと信じて、活動していこうと思います」。客席で聞いた竹原さんの言葉がより一層、胸に響いてくる。(天)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外食の太興、香港・本土に100店新設へ(16:17)

ニッケルGFNI、対中輸出570万トン計画(16:29)

工業設備稼働率、18年は76.5%に下落(17:36)

24年までに新たに470万戸に都市ガス供給(13:25)

18年の観光客8.2%増、目標500万人は未達(01/21)

テイクオフ:三十数年前に使った中国…(01/21)

悲観傾向が3年ぶり強さ 1Q大手景況感、貿易摩擦が影響(01/21)

「春運」旅客29.9億人見込み 0.6%増、きょう21日から対応実施(01/21)

中国江蘇省企業、プルサットで綿花栽培(01/21)

深センの18年経済規模、香港超えか(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン