公共入札透明化へ国会で議論、縁故主義批判

ミャンマー連邦議会で、公共工事の入札について、「一定の政府部局と強い関係を持つ者が、入札で勝てる仕組みになっている」と縁故主義の批判が提起され、透明性向上が議論されている。30日付のミャンマー・タイムズ(電子版)が伝えた。 案を提出したナム・カム・エー議員(北東…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

マンダレーの不動産市場拡大 住宅や小売り施設は差別化が鍵(02/20)

輸出戦略リスト5分野追加、貿易赤字削減へ(02/20)

SIMカード販売、累計5400万枚に(02/20)

バングラとの国境貿易、前年比で2.4倍(02/20)

国内初のコミュニティーFM、業務開始(02/20)

政府、2020年までに住宅100万戸整備へ(02/20)

3月に中間所得層向け不動産エキスポ(02/20)

スーチー氏、外国大使館の首都移転を再強調(02/20)

4~1月の豆類輸出額7.5億ドル、商業省(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン