公共入札透明化へ国会で議論、縁故主義批判

ミャンマー連邦議会で、公共工事の入札について、「一定の政府部局と強い関係を持つ者が、入札で勝てる仕組みになっている」と縁故主義の批判が提起され、透明性向上が議論されている。30日付のミャンマー・タイムズ(電子版)が伝えた。 案を提出したナム・カム・エー議員(北東…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

来月7日がディワリで国民の休日に(10/20)

政府、数年内に対GDP税収率15%目指す(10/19)

日本支援で投資促進計画 事業環境改善を加速(10/19)

〔寄り道〕「喉が渇いていますか?僕ので…(10/19)

外資規制緩和でイオンが認可、商業省(10/19)

格付けフィッチ、経済成長率を下方修正(10/19)

携帯MPT、電子書籍サービスを開始(10/19)

英政府とスイス系企業、小口保険の振興支援(10/19)

ラカインリゾート地での夜市に認可(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン