• 印刷する

スクート、日本でコンビニ決済など開始

シンガポール航空(SIA)傘下の格安航空会社(LCC)スクート・タイガーエアは29日、英決済サービス事業者ワールドペイと提携し、日本国内のコンビニエンスストアや電子決済サービス「ペイジー」での支払い受け付けを開始したと発表した。

「Flyscoot.com」の日本語サイトからの予約に限り、従来のクレジットカード決済に加え、◇コンビニ決済◇ペイジーでの現金自動預払機(ATM)決済◇ペイジーでのインターネットバンキング決済――が可能になる。ペイジーは、請求書やショッピングサイトなどに表示された複数の番号を使って簡単に決済できる仕組み。

スクートの予約でコンビニ決済が行えるのは、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、サークルKサンクス、ファミリーマートの各店舗。ペイジーでのネットバンク決済には、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫、信用組合、中央労働金庫(ろうきん)、JAバンク、JFマリンバンクや、ネット専業の楽天銀行が対応する。

手数料は1区間ごとに1人当たり800円となっている。


関連国・地域: シンガポール日本欧州
関連業種: 金融運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール随一の観光…(01/24)

12月のCPI上昇率は0.5% 18年通年は2年連続プラス(01/24)

家電ダイソン、本社を英国から移転へ(01/24)

トレンドマイクロ、AMEA統括本部開所(01/24)

クラーク空港運営、JGなどの連合が契約(01/24)

AIガバナンスの枠組み公表、ダボス会議で(01/24)

中小企業、サイバーセキュリティーを軽視(01/24)

クールジャパン機構、JFTDの株式譲渡(01/24)

フィンハイ、シンガのファンドから出資(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン