ラオスでブルーベリー栽培 栃木企業、焼畑農業の転換後押し

環境配慮型の農業やレジャー施設運営に取り組むグリーンヘリテージ(栃木県矢板市)は25日、ラオス北部のルアンパバーン県ポンサイ郡で焼き畑農業の転換に向け、ブルーベリーの試験栽培を始めた。現地で入手できる稲わらなどを肥料として使い、地元農家らが生計を立てるのに十分な…

関連国・地域: ミャンマーラオス日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス政府、133億円規模の国債発行(12/14)

北西部の道路整備、ADBが1.9億ドル融資(12/14)

ネットの導入コスト、ラオスは世界高水準(12/13)

バイオマス研究所が開所、国内初(12/12)

為替の厳格管理、法改正審議で議員が要請(12/11)

車フィルムのハイクール、CLMV諸国開拓(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン