• 印刷する

日本PRイベント開催、クールジャパンも

グランドオープニングステージに登壇した松山クールジャパン戦略担当相=27日、バンコク(NNA撮影)

グランドオープニングステージに登壇した松山クールジャパン戦略担当相=27日、バンコク(NNA撮影)

観光やアニメ、食などの分野で日本文化を総合的にPRするイベント「ジャパン・エキスポ・タイランド2018」が、28日まで3日間にわたってバンコク中心部の商業施設で開催された。イベントには松山政司クールジャパン戦略担当相が登壇したほか、内閣府ブースやセミナーも展開され、日本政府がクールジャパンの魅力をアピールした。

ジャパン・エキスポは4回目。2005年に始まった前身のイベントから10年以上ほぼ毎年開催されている。今年は5,000万バーツ(約1億7,300万円)を投じ、「セントラル・ワールド」内外の2万平方メートル以上のスペースを13ゾーンに分けて開催された。AKB48など多数の日本人アーティストが参加し、主催者のジーユークリエイティヴによると、3日間で昨年の40万人を上回る50万人が来場したとみられる。

松山氏は27日のグランドオープニングステージに登壇。互いに交流が深い日本とタイが経済、文化面でさまざまな課題に向かっていくことに期待を示した。またタイ人俳優のピチャヤさん(通称ゴルフ)と対談し、タイ人から見た日本の魅力についても発信した。

■最新技術のブース設置

会場では期間中、内閣府がブースを設置し、タイが抱える少子高齢化などの社会問題の解決に役立つ製品やサービスを紹介。トヨタ自動車の生活支援ロボットや、仮想現実(バーチャルリアリティー、VR)技術を活用した大日本印刷のシニアVRトレーニングサービス、ユカイ工学の高齢者向けロボットなどが展示された。クールジャパン関連産業で働く人材を育成、活用するための官民の取り組みについてパネルディスカッションも実施された。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

テイクオフ:海外で亡命生活を送るカ…(11/13)

マツダ、SUV「CX―8」を投入(11/13)

エネ統制委、来年4月まで電気料金据え置き(11/13)

共有オフィスIWG、フランチャイズ展開へ(11/13)

ゴールデンランド、新たな複合施設を開発へ(11/13)

SCGとマヒドン大、共同でポリマー開発(11/13)

在タイ大使館職員を告発、出稼ぎ認可で収賄(11/13)

PTTEP、5カ年投資計画を来月発表(11/13)

ホームプロ、中部配送センター強化に72億円(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン