• 印刷する

テイクオフ:マレーシアの地元紙をに…

マレーシアの地元紙をにぎわせ始めた電子決済アプリ。キャッシュレス社会の波に乗りたいと、中国発「アリペイ(支付宝)」のアプリをスマホにダウンロードした。英語が併記されているものの、画面の大半を中国語が占めて使いにくい。お金とデジタルアプリを結び付けることに抵抗もあるのだが、中国の情報統制などを耳にすると同国への信望が厚いとは言えず……。

ただ、金融インフラの整備が追い付かないほどの速さで経済成長した中国は、言わずと知れたキャッシュレス先進国。「なんとなく」抱く疑念や不安を解消できないでいると、どんどん世界の流れから取り残されていくのだろう。

最後に中国を訪れたのは北京五輪直前の2008年と、ちょうど10年前。当時とは大きく変わり、否応なしにこれからの世界をリードするであろう中国を体感するには、まずはアリペイか。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

32億リンギ規模の環境事業、年内に入札へ(03/22)

建設品質評価システム、20年に導入義務化(03/22)

空気汚染指数が100超え 季節外れのヘイズ、要因は異常気象(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

RM=27.1円、$=4.06RM(21日)(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

ベルマツ、20年度は販売1.6万台見込み(03/22)

プロトン、パキスタンに組み立て工場建設へ(03/22)

マレーシア航空買収、国内外の数社が関心(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン