• 印刷する

WEFの包括的成長指数、印は74カ国中62位

世界経済フォーラム(WEF)が22日に発表した2018年版包括的成長指数(IDI)の新興国部門で、インドは74カ国中62位だった。

IDIでは、経済成長を通じて社会全体がどの程度発展しているかを評価している。基準は◇成長と開発◇包括◇世代間格差と持続性――の3点。インドは、世代間格差と持続性が44位と比較的高く評価されたが、成長と開発が66位、包括が72位と足を引っ張った。17年版では79カ国中60位だった。

18年版の新興国部門の首位はリトアニア。南アジアでは、ネパールが22位、バングラデシュが34位、スリランカが40位、パキスタンが47位だった。先進国部門29カ国の首位はノルウェー。日本は24位だった。


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン