• 印刷する

WEFの包括的成長指数、印は74カ国中62位

世界経済フォーラム(WEF)が22日に発表した2018年版包括的成長指数(IDI)の新興国部門で、インドは74カ国中62位だった。

IDIでは、経済成長を通じて社会全体がどの程度発展しているかを評価している。基準は◇成長と開発◇包括◇世代間格差と持続性――の3点。インドは、世代間格差と持続性が44位と比較的高く評価されたが、成長と開発が66位、包括が72位と足を引っ張った。17年版では79カ国中60位だった。

18年版の新興国部門の首位はリトアニア。南アジアでは、ネパールが22位、バングラデシュが34位、スリランカが40位、パキスタンが47位だった。先進国部門29カ国の首位はノルウェー。日本は24位だった。


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:商品棚を見回して目当て…(03/19)

電動二輪、22年に50万台市場 大手参入で拡大路線に=専門家(03/19)

ルノー、3年後に販売台数を2倍に拡大(03/19)

イラン産鉄鋼の禁輸、業界が政府に要望(03/19)

SPML、88億ルピーの水道・灌漑事業受注(03/19)

L&T、ITマインドツリーに敵対的買収(03/19)

DLF、グルガオンの商業開発に75億ルピー(03/19)

HDFC、首都と西部で80億円の宅地開発(03/19)

不動産ブリゲード、共用オフィス事業に参入(03/19)

建材NCL、南部工場でドアの生産開始(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン