WEFの包括的成長指数、印は74カ国中62位

世界経済フォーラム(WEF)が22日に発表した2018年版包括的成長指数(IDI)の新興国部門で、インドは74カ国中62位だった。

IDIでは、経済成長を通じて社会全体がどの程度発展しているかを評価している。基準は◇成長と開発◇包括◇世代間格差と持続性――の3点。インドは、世代間格差と持続性が44位と比較的高く評価されたが、成長と開発が66位、包括が72位と足を引っ張った。17年版では79カ国中60位だった。

18年版の新興国部門の首位はリトアニア。南アジアでは、ネパールが22位、バングラデシュが34位、スリランカが40位、パキスタンが47位だった。先進国部門29カ国の首位はノルウェー。日本は24位だった。


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューデリー周辺はこの…(05/22)

航空会社は「価格より質」 ネット調査、1位はビスタラ(05/22)

NTTデータ、地場と3D地図作成で合意(05/22)

国営通信、サービス向上に19億ルピー投資(05/22)

住商、特殊鋼ムカンド子会社に200億円出資(05/22)

鉄鋼JSW、イタリアの同業買収(05/22)

電動二輪アザー、南部に60カ所の充電施設(05/22)

複合アダニ、電動バスの生産を計画(05/22)

二輪UMロヒア、ハイデラバードに新工場(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン