マツダ、エンジン生産を増強 タイからASEANに供給

マツダは19日、タイのパワートレイン工場におけるエンジン増産の記念式典を催した。エンジン部品の加工工場を新設し、エンジンの年産能力は3万基から10万基に拡大。今年後半には2リットル型のガソリンエンジン生産を開始する予定で、タイを含む東南アジア3カ国に供給する。 …

関連国・地域: タイベトナムマレーシア日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:少し寂れた映画館。かつ…(08/14)

EEC投資の恩典を解説、日系団体が主催(08/14)

パナソニック、第1四半期は2%減(08/14)

ソフトバンクとトゥルー、IX事業で合弁(08/14)

タイ流通のマクロ、シエムレアプに新店舗(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

来年5月には全村にWiFi設置完了(08/14)

北部の複線鉄道、30年以内に乗客1万人見込(08/14)

大量輸送公団、バス3,000台を新規調達(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン