マツダ、エンジン生産を増強 タイからASEANに供給

マツダは19日、タイのパワートレイン工場におけるエンジン増産の記念式典を催した。エンジン部品の加工工場を新設し、エンジンの年産能力は3万基から10万基に拡大。今年後半には2リットル型のガソリンエンジン生産を開始する予定で、タイを含む東南アジア3カ国に供給する。 …

関連国・地域: タイベトナムマレーシア日本ASEAN
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車製造一般金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

石化PTTGC、CVCの子会社設立へ(18:23)

小口金融HKL、タイ格付け機関がBBB+(17:29)

テイクオフ:試合開始の1時間前に着…(05/22)

1~3月GDPは4.8%増加 農業が回復、通年4%超え予想(05/22)

4月のメーカー別車輸出、増減が半々(05/22)

現代自、主力ミニバンの特別限定モデル投入(05/22)

レムチャバン―コンケン貨物線、国鉄が承認(05/22)

フアヒン空港、PPPで拡張の見通し(05/22)

積水化成品工業、東部に生産拠点を新設へ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン