マツダ、エンジン生産を増強 タイからASEANに供給

マツダは19日、タイのパワートレイン工場におけるエンジン増産の記念式典を催した。エンジン部品の加工工場を新設し、エンジンの年産能力は3万基から10万基に拡大。今年後半には2リットル型のガソリンエンジン生産を開始する予定で、タイを含む東南アジア3カ国に供給する。 …

関連国・地域: タイベトナムマレーシア日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイ国鉄、複線化事業に向け1900人増員(18:31)

テイクオフ:学校に制服は必要か――…(01/17)

バンコクで大気汚染が悪化 バイオ燃料利用促進、工場検査も(01/17)

アウディ、BOIに電動車工場の設置申請(01/17)

18年の完成車輸入、16%減の8.2万台(01/17)

レムチャバン港入札、応札期限を1カ月延長(01/17)

サムスン、スマート家電強化で2桁増収目標(01/17)

EGCO、韓国パジュエナジーへの出資完了(01/17)

窯業向け原料供給センター、ランパンに開設(01/17)

じゅうたんTCM、19年売上目標は340億円(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン