• 印刷する

不動産グランド、今年は4事業に着手

今年に立ち上げる物件を発表したグランドのシリポン社長(同社提供)

今年に立ち上げる物件を発表したグランドのシリポン社長(同社提供)

タイの投資会社ユニベンチャー傘下の不動産開発会社グランド・ユニティー・デベロップメントは、年内に首都バンコクで新たに4件のコンドミニアム(分譲マンション)開発事業に着手する。販売総額は120億バーツ(約416億円)を見込む。

4件とも、既存あるいは計画中の首都圏鉄道の沿線で建設。シーパトゥム地区の「シエラ」、チャランサニットウォン通りのチャオプラヤー川沿いの「デ・ラピス」、チャトゥチャック地区の「デニム」、ラチャヨーティン通りの「マザリン」となる。

シリポン社長は「高架鉄道『BTS』沿いで利便性の高い物件の開発を進めていく」と語った。本年度の事前販売額は、前年度比2.6倍の100億バーツを目指す。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:午後10時過ぎにバンコ…(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

コインランドリー市場に勢い 日本企業も参入、都市で需要狙う(07/22)

ディーン&デルーカ、国内100店体制目標(07/22)

郵船ロジが改修倉庫を披露、顧客基盤拡大へ(07/22)

運輸相、空港整備加速に予算配分見直しも(07/22)

ナコンパトムに新空港建設を検討=運輸当局(07/22)

BTS、30分超の遅延で運賃払い戻し(07/22)

ブルーライン延伸区間、29日から試験運行(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン