【包括税制法案】第8回 どこよりも早いTRAIN解説(その2)

■3.フリンジベネフィット フリンジベネフィットに関しても個人所得税の税率変更に伴い、32%から35%への税率変更となっている。そのため、各社のフリンジベネフィットの負担費用が増加する見込みとなる。 したがって、駐在員や管理職への住居費用、乗り物各種費用、メイド、…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オンライン会見はどうも…(11/26)

6千万人分のワクチン確保へ 政府準備、コロナ収束目指す(11/26)

PCR検査費用に上限設定、保健省(11/26)

アビガン治験開始、3カ月ずれ込み(11/26)

コロナ感染新たに1202人、計42万2915人(11/26)

トヨタ、SUV「ラッシュ」を改良(11/26)

フィリピン航空、民事再生法の申請検討(11/26)

高速料金の電子化、800カ所で対応完了(11/26)

南北通勤鉄道、工事4件の入札開始(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン