17年の投資認可額67%増 57億ドル、中国が3割占める

カンボジア開発評議会(CDC)によると、2017年通年の国内外企業を合わせた投資認可額は57億1,240万米ドル(約6,320億円)となり、前年に比べ67.4%増加した。中国企業による投資が拡大し全体の3割を占めた一方、日本企業による投資は1%にとどまった。6月の地方選挙や割高な…

関連国・地域: 中国台湾韓国カンボジア日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料医療・医薬品繊維鉄鋼・金属農林・水産その他製造建設・不動産IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

国道1号線の地下道建設、事業化調査を実施(08/21)

台湾系縫製GTI、4~6月期は83%増収(08/21)

EU、持続可能な漁業支援に140億円(08/21)

テイクオフ:連休を利用して世界遺産…(08/20)

Jトラスト、ANZロイヤル銀の買収完了(08/20)

カジノのナガ3号館、9月下旬に着工予定(08/20)

インフラ開発など、3年で145億ドル投資へ(08/20)

政府主導の公認ECサイト、16日に正式始動(08/20)

首都にスマートシティー、シンガ企業が計画(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン