天津のPM2.5濃度、17年は10%低下

天津市環境保護局が発表した2017年の同市の微小粒子状物質「PM2.5」の年平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は、62マイクログラムだった。前年に比べ10.1%低下した。11日付21世紀経済報道などが伝えた。 13年比では35.4%低下。国務院が13年に公布した「大気汚染防止行動…

関連国・地域: 中国-天津
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

GDP当たりエネ消費、17年は3.7%減(17:20)

首都に新環状道路、中国が2.6億ドル支援(13:17)

テイクオフ:ちょっとした旅をしよう…(07/20)

ハイアール、32%成長狙う ミドルハイ商品さらに強化(07/20)

電力取引の自由化を加速へ 石炭など4業種、全面開放(07/20)

宝飾の六福、4~6月は既存店22%増収(07/20)

商務省が正当性主張、米鉄鋼関税への報復(07/20)

海外旅行者支出、6%超増 中国人が全体けん引(07/20)

中国との租税条約、投資拡大を期待(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン