中国企業の植林事業、森林破壊に懸念の声

カンボジア北部ストゥントレン州で、中国企業が2億米ドル(約223億円)を投資し、植林事業を進めていることが明らかになった。州政府は「森林の再生事業」としているが、環境保護団体は、商用の外来種植林で既存の生態が破壊されるとの懸念を示している。プノンペン・ポスト(電子…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

最低賃金、5月から110万キープに引き上げ(04/24)

ストゥンハブに重工業団地 中国企業、南部で影響力拡大(04/24)

イオン、アセアンに8百億円 モールなどに投資=18年度計画(04/24)

会社登記申請件、1~3月は2.6倍(04/24)

アジア横断鉄道の区間整備、中国が融資へ(04/24)

ロン島で5つ星ホテル開業、4千万ドル投資(04/24)

17~18年期コメ生産4%増、中国需要けん引(04/24)

ネット融資業者に注意を、中銀が呼び掛け(04/24)

ウドンメンチェイ州、玉渓市と友好提携へ(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン