中国企業の植林事業、森林破壊に懸念の声

カンボジア北部ストゥントレン州で、中国企業が2億米ドル(約223億円)を投資し、植林事業を進めていることが明らかになった。州政府は「森林の再生事業」としているが、環境保護団体は、商用の外来種植林で既存の生態が破壊されるとの懸念を示している。プノンペン・ポスト(電子…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

17年の天然ゴム輸出30%増、価格も上昇(01/19)

政治対立に新たな火種 元野党党首ら新団体、政府監視(01/19)

〔寄り道〕フン・セン首相のトレーニング…(01/19)

空港直通列車の線路工事、4月にも完了(01/19)

首都―ポイペトの鉄道改修、年内完了(01/19)

首都とシエムレアプに新空港=首相が確認(01/19)

所得税の非課税枠が拡大、3年連続(01/19)

中国企業の資金洗浄報道、カンボジアが否定(01/19)

花まるラボ、思考アプリで学力向上支援へ(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン