中国企業の植林事業、森林破壊に懸念の声

カンボジア北部ストゥントレン州で、中国企業が2億米ドル(約223億円)を投資し、植林事業を進めていることが明らかになった。州政府は「森林の再生事業」としているが、環境保護団体は、商用の外来種植林で既存の生態が破壊されるとの懸念を示している。プノンペン・ポスト(電子…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シンガのリンペイ、仮想通貨決済を導入へ(15:58)

4~6月の経常赤字43%増 8.1億ドル、3四半期連続の拡大(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

1~8月の外国人観光客12%増、観光省(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

EUと越の木材貿易協定、カンボジアは反発(10/16)

1~8月の外来診察775万人、保健省(10/16)

模倣品40トンを廃棄、パーム糖・化粧品など(10/16)

シアヌークビル、海岸漂着の海草を除去(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン