中国企業の植林事業、森林破壊に懸念の声

カンボジア北部ストゥントレン州で、中国企業が2億米ドル(約223億円)を投資し、植林事業を進めていることが明らかになった。州政府は「森林の再生事業」としているが、環境保護団体は、商用の外来種植林で既存の生態が破壊されるとの懸念を示している。プノンペン・ポスト(電子…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EUのコメ課税は貿易法違反 商業省が批判、法的措置も検討(01/21)

証取所の外国人投資家、18年は19%増(01/21)

中国江蘇省企業、プルサットで綿花栽培(01/21)

カンボジア人にタイで技術研修、日本が支援(01/21)

ゴム輸出税の引き下げ検討、免税範囲も拡大(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

タイからのエアコン輸入、18年は1600万ドル(01/21)

シエムレアプ、ゴミ処理場の移転検討(01/21)

通信塔建設で外国3社と覚書、ICT省(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン