世銀の成長予測、20年まで東南ア最高水準

世界銀行は9日、最新の世界経済見通し(GEP)を発表し、フィリピンの2018年の実質国内総生産(GDP)成長率を6.7%と予測した。19年は6.7%、20年はやや減速の6.5%で、東南アジアではトップクラスの成長率を維持するとの見通しを示した。

世銀は、労働力人口の増加、税制改革による歳入増、外資規制の緩和、インフラ支出の拡大などにより、フィリピンは東南アジアでも最高水準の成長率を維持すると予想した。

18年の東南アジア諸国連合(ASEAN)の成長率見通し(シンガポール、ブルネイ除く)では、カンボジアが6.9%と最も高く、フィリピンとミャンマーが6.7%、ラオスが6.6%、ベトナムが6.5%で続いた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:瀬戸内海の西に浮かぶ姫…(01/24)

17年のGDP成長率は6.7% 前年から鈍化、政府目標下限(01/24)

17年の訪韓外国人数22.7%減 THAADが東南アジア圏に影響(01/24)

仮想通貨ロイヤルコイン、東京オフィス開設(01/24)

基地局を共有化する政府案、グローブが難色(01/24)

現代自の17年販売、12%増の3.8万台(01/24)

海運大手、呉市の造船会社にRORO船発注(01/24)

インドネ国営メーカーに2編成発注、国鉄(01/24)

外資規制緩和、月末にNEDAボードで協議(01/24)

GHL、アリペイ事業を比に拡大(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン