• 印刷する

世銀の成長予測、20年まで東南ア最高水準

世界銀行は9日、最新の世界経済見通し(GEP)を発表し、フィリピンの2018年の実質国内総生産(GDP)成長率を6.7%と予測した。19年は6.7%、20年はやや減速の6.5%で、東南アジアではトップクラスの成長率を維持するとの見通しを示した。

世銀は、労働力人口の増加、税制改革による歳入増、外資規制の緩和、インフラ支出の拡大などにより、フィリピンは東南アジアでも最高水準の成長率を維持すると予想した。

18年の東南アジア諸国連合(ASEAN)の成長率見通し(シンガポール、ブルネイ除く)では、カンボジアが6.9%と最も高く、フィリピンとミャンマーが6.7%、ラオスが6.6%、ベトナムが6.5%で続いた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピン人のインター…(12/11)

財閥8社1~9月は18%増収 多角経営強み発揮、車除き好決算(12/11)

『財閥決算』関連資料(12/11)

BPO拡大に影、PEZA特区認定に遅れ(12/11)

物流業の雇用創出、22年までに750万人目標(12/11)

セブの新交通システム、20年に運転開始目標(12/11)

ルソン縦断高速道の延伸計画を承認へ(12/11)

10日為替:$1=52.800ペソ(↓)(12/11)

アヤラ医療部門、ビサヤの薬局チェーン買収(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン