印との輸送協定に消極姿勢、中国の影響か

インド政府が進めるインド―ミャンマー―タイの3カ国を貫く高速道路整備計画について、ミャンマーが再検討を求めていることが分かった。インドは、ミャンマーが消極姿勢に転じた背景に、中国の影響があるとみている。バングラデシュ紙ダッカ・トリビューンが10日伝えた。 インド…

関連国・地域: 中国タイミャンマーインド
関連業種: 建設・不動産運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

ラカインでの学校改修を拡大 日本、ロヒンギャ帰還後押し(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

北部2州の中国国境、3経済地区の開発承認(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

4~7月初旬の貿易赤字、12.3億ドル(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

1~6月の観光客68万人に増、タイが首位(07/18)

ロイター記者の公判始まる、8月にも判決(07/18)

シャン州の発電所、稼働継続へ認可待ち(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン