印との輸送協定に消極姿勢、中国の影響か

インド政府が進めるインド―ミャンマー―タイの3カ国を貫く高速道路整備計画について、ミャンマーが再検討を求めていることが分かった。インドは、ミャンマーが消極姿勢に転じた背景に、中国の影響があるとみている。バングラデシュ紙ダッカ・トリビューンが10日伝えた。 インド…

関連国・地域: 中国タイミャンマーインド
関連業種: 建設・不動産運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

タイとミャンマー、国境モエイ川で共同警備(13:34)

中国の海洋調査船、ミャンマーと共同調査(14:33)

ラカイン北部に血液銀行 日本の官民支援で設置(01/22)

日緬環境週間開催、政策協力を拡大へ(01/22)

工科大生2人に奨励賞、本田財団(01/22)

デジタル経済基本計画策定へ、開発委(01/22)

建設相にハン・ゾー氏を指名(01/22)

エヤワディ管区の新首相、経済発展に意欲(01/22)

アマタホテル、19年までに5軒が新たに開業(01/22)

ネット上の表現の自由悪化=民間調査(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン