印との輸送協定に消極姿勢、中国の影響か

インド政府が進めるインド―ミャンマー―タイの3カ国を貫く高速道路整備計画について、ミャンマーが再検討を求めていることが分かった。インドは、ミャンマーが消極姿勢に転じた背景に、中国の影響があるとみている。バングラデシュ紙ダッカ・トリビューンが10日伝えた。 インド…

関連国・地域: 中国タイミャンマーインド
関連業種: 建設・不動産運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

斗山、ミャンマーから掘削機68台受注(04/20)

日本でミャンマー投資セミナー 大和証券、市場活性化狙い(04/20)

ロヒンギャ帰還雨期までに、閣僚が目標設定(04/20)

〔寄り道〕ミャンマー正月(ティンジャン)…(04/20)

KSD、中国企業とエコカー生産で提携(04/20)

中国との国境経済区開発、交渉が進行中(04/20)

中国国境貿易、前年度は7%増の67億ドル(04/20)

アジアAVAガス、LPG施設を建設(04/20)

評価高まる国産木材、政府は輸出拡大に意欲(04/20)

英国団体が政治犯の収監批判、恩赦36人も(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン