韓国2社、ラヨーンのコージェネEPC契約

シンガポールに拠点を置く独立系発電会社ネクシフ・エナジーは8日、タイ東部ラヨーン県の発電所建設事業で、韓国2社のコンソーシアム(企業連合)とEPC(設計・調達・建設)契約を結んだと発表した。出力11万キロワット(kW)のガスコージェネレーション(熱電併給)設備を…

関連国・地域: 韓国タイシンガポール
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

タイのマクロ、卸売り店舗事業を計画(01/19)

三菱電機が来年度10%増収へ 省エネエアコン、中価格帯を強化(01/19)

最低賃金が最大7%上昇、4月から適用(01/19)

【アジア三面記事】整形疑惑で失った栄冠(01/19)

(資料)2018年4月に改定される最低賃金(01/19)

エアアジアX、4月にバンコク―札幌便再開(01/19)

首都―ポイペトの鉄道改修、年内完了(01/19)

17年の外国人旅行者、9%増の3538万人(01/19)

ブリヂストン、「タイヤマティクス」提供開始(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン