【この人に聞く】工業団地BeFaが新局面 街づくりに貢献、地方展開も

首都ジャカルタ東郊のMM2100工業団地を運営するブカシ・ファジャール・インダストリアル・エステート(BeFa)は、日本の製造業のインドネシア進出が加速した1980年代後半から、入居する日系企業のビジネスを支えてきた。今後は工業団地内の利便施設を充実させ、団地内で働く…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 製造一般電力・ガス・水道建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

DIC、有機顔料の研究開発拠点を設置(20:26)

国内航空会社、レバラン休暇の搭乗率は9割(20:49)

カカオ豆輸入、今年は10%増加の見通し(20:45)

テイクオフ:ジャワ島中部のウォノソ…(06/21)

5月訪日客数、前年比27%増 格安エアアジアXが客層を拡大(06/21)

イオン、ウナギ資源保護 履歴管理強化(06/21)

千代田化工、マセラ鉱区の予備設計を受注(06/21)

クンダル工業団地、開業1年半で41社が入居(06/21)

空港鉄道、19日からブカシまで運行拡大(06/21)

年内は航空機の基本運賃の値上げ認めず(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン