テイクオフ:日本では小春日和といえ…

日本では小春日和といえば、11~12月ごろにそれまでの寒さとは打って変わって、春のように穏やかで晴れた日を指す。

一年中高温多湿のシンガポールでは雨期と乾期があるだけだが、それでも時折、季節の移り変わりを感じることがある。年末年始は雨期に当たり、このところ灰色の雲に覆われる日が続いている。だが先日、昼下がりに外出すると、朝方に降った雨が上がり、雲間から光が差し始めた。緑の多い場所では鳥のさえずりも聞こえる。熱帯といっても豪雨の後は涼しさを通り越して寒さを感じることもあり、さっきまで雨と冷房で縮こまっていた体も、木漏れ日を見ていたらなんだか軽くなってきた。一瞬、日本の小春日和を体験しているような錯覚に陥った。

暑すぎず寒すぎず、穏やかで過ごしやすい――。雨期の合間の晴れ間のひとときが、当地では一番快適な時間と言えるかもしれない。(雪)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本のハラル・健康食品PR ジェトロ、大型見本市に出展(04/27)

製造業生産高、3月は6%上昇に鈍化(04/27)

ケイアイスター不動産、家具カマルクに出資(04/27)

【アジア三面記事】刺されても許す熱血先生(04/27)

STエアロ、ベトナム航空とMROの合弁(04/27)

空港利用者数、3月は9%増の556万人(04/27)

新到着エリアがオープン、空港第1ターミナル(04/27)

工業不動産の賃料、1~3月期は2%低下(04/27)

BtoCのEC市場、10~12月期に33%拡大(04/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン