投資調整庁、今年は観光とEC分野に注力

インドネシアの投資調整庁(BKPM)は今年、電子商取引(EC)と観光分野の投資誘致に注力する。EC分野には日本からの投資誘致も強化する方針。内閣官房が5日発表した。 BKPMのトマス長官が同日、ジョコ・ウィドド大統領が招集した会議後に明らかにした。2017年のEC…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険観光・娯楽政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「砂糖は抜きで!」イン…(04/26)

三菱自が国内生産MPV輸出 合計3万台目標、まずフィリピン(04/26)

パティンバン港の運営、日本企業6社が関心(04/26)

コンフォート、ゴジェックと提携交渉か(04/26)

タイ航空、5月に第3ターミナルへ移行(04/26)

国営空港運営社に制裁金、独禁法違反で(04/26)

バンドン高速鉄道、5月半ばに融資実現へ(04/26)

中銀、ルピア安で企業にヘッジ呼び掛け(04/26)

FMG、対中国以外の鉄鉱石輸出量を拡大(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン