• 印刷する

19年にVATを11%に、財務省が新提案

ベトナム財務省が、2019年初めに付加価値税(VAT)率を10%から11%に引き上げることを提案している。4日付ダウトゥ電子版が報じた。

同省はこれまで19年初めに10%から12%に引き上げる案を示していたが、その後さらに多くの意見を受け入れ、このたび示したVAT法改正草案で、19年初めに11%、20年初めに12%とする新方案を盛り込んだ。

同省によれば、VAT税率の引き上げは世界的すう勢で、欧州連合(EU)各国の平均税率は00年に19%、14年に21.5%に達し、経済協力開発機構(OECD)加盟国でも、00年に18%、14年に19%程度に達している。経済発展の水準がベトナムと同程度かそれより低い国々でも10%を超える例が多いという。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

製造業の転職希望が75%超 富士通系、昇給制度など改革推進(11/14)

トヨタ、10月の販売数は14%減の7200台(11/14)

高速道路サービス社、今年の業績下方修正(11/14)

北部のサパ空港計画改定、運輸省が承認(11/14)

ハナ銀、ベトナム投資開発銀の第2位株主に(11/14)

LNGの需要拡大、20年に国内生産上回るか(11/14)

石炭と原油の輸入が急増、電力需要増加で(11/14)

車部品アジア、越に建設コンサルの孫会社(11/14)

ビナケム、ハノイ総合塗料株を売却へ(11/14)

VNPTとITオプティム、農業分野で協力(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン